ダイエット ホメオスタシス

ダイエットとホメオスタシスの関係

皆さんはホメオスタシスという単語を知っていますか?

筆者もなんとなく聞いたことがあったのですが、詳しくは知りませんでした。

ホメオスタシスとは何なのか。それは人間が餓死しないように、体重が減り過ぎたら発揮される効果のことです。

つまり、ダイエットをしていて1カ月に5キロ程痩せると、そのホメオスタシス効果が発揮され、停滞期に突入するそうです。

簡単に言うと、体を餓死から守る為に発揮されるのがホメオスタシスです。

ホメオスタシスによって停滞期に入ったら、どうしたら良いのでしょう。一つが、諦めないことです。

筆者も今必死にダイエットしているのですが、停滞期に入っているのかなかなか体重が減りません。これもホメオスタシスのせいなのでしょうか。

体重がなかなか減らないと、焦りといら立ちが起こります。

なんで食生活も見直しているし、運動もしているのに痩せないのだろう、と心当たりのある方はホメオスタシスのせいかもしれません。

全くやっかいなホメオスタシスですね。

停滞期に入ったら、食事の量を少し増やすと良いそうです。

この状態で餓死しないと判断すれば、ホメオスタシスとはおさらばできます。

それにしてもダイエットをしている人にしてみれば、ホメオスタシスは邪魔ですよね。恐怖の停滞期ですから。

でも何日も何も食べなくても生きられる人がいるのは、このホメオスタシスのおかげなのです。

なので、ホメオスタシスは人間にとって大切なものなのです。

ダイエットとホメオスタシスの関係、分かったでしょうか。

停滞期は、ホメオスタシスのせいということです。

停滞期は、ダイエットにつきものです。

ここで諦めないで、摂取カロリーを少し増やせば、停滞期は自然に去っていくはずです。

体重が減らないからいいや、と投げやりになってはいけません。

今度は恐怖のリバウンドが待っています。

なので、ダイエットでは、停滞期ともうまく付き合っていくことが、大切と言えるでしょう。

>>安全なゼニカルの正規品はこちらを確認<<